初心者には株式がおすすめ?

株式は投資を始めたい人向きの金融商品です

初めて投資を行う人はどのような金融商品を買えば良いのかがわからないものです。もちろん国債など元本が保証されているものに限定すれば損はしませんが、積極的に利益を取りに行きたいところです。 初心者におすすめの金融商品として、国内企業の株式があります。個人の方でも上場している全ての企業の株式を買うことができます。企業の中にはインフラを担っているものや、業界内で圧倒的なシェアを誇る企業など、倒産リスクが殆ど存在しない企業があります。また、配当金も平均して1.5パーセントほどあり、定期預金や国債とは段違いの利率があります。 自分が知っている業界に注目すれば、業界全体が今後どうなっていくかもある程度予想できます。その予想が正しいかはわかりませんが、為替変動を予測するよりは高い精度が期待できるはずです。また、安くなったタイミングで購入することを繰り返せば、値上がりによる利益も出るでしょう。

ぜひ使用したい投資ツールを紹介します

投資を始める際に使用したいツールがあります。NISAとは少額投資非課税制度のことで、年間120万円までの金融商品の購入について、配当や値上がり益に対する税金がかからなくなる制度です。通常、得た利益には約20パーセントの税金がかかります。これがなくなることで投資のパフォーマンスが格段に向上します。国内株式についてはNISAでの取引に手数料がかからない証券会社も多く、利用しない手はない制度です。 他にも、証券会社ではファンドラップという投資顧問サービスを行っており、こちらは投資信託が中心になりますが、プロによる投資のアドバイスや運用の報告を受けることができます。初心者の方が金融知識を持った取引ができるという点で、非常に有用なツールであると言えます。投資には不安が付きものですが、個人投資家として良いスタートを切りたいものです。